blogブログ

NFTプロジェクト始動!!

古事記projectがNFTプロジェクトを始めることになりました。
NFTとは、ブロックチェーンの技術によって、代替不可能(※)なデジタルデータ一で所有権の証明できる技術です。(※代替不可能とは、例えばとあるコンサートのチケットで、Aさんの持っている「日時・席」はBさんの持っている「日時・席」と違うので交換しても全く同じものとは言えません。逆に代替可能なものとしては「通貨」などがあります。通貨は誰の100円でも100円です。)

現在は、作品に対する株券のような扱いもされており、その作品が有名になればなるほど、NFTの価値も上がっていくという事例も多くあります。

下記は、先日発表した古事記projectのプレスリリースです。

—————————————————————————————-

NFT・メタバースを活用し、日本神話・神社文化を国内外に発信していく「JPN Myth&Jinja Project(仮)」がスタート。

日本の神々をモチーフにしたNFT、神社発行の「お守りNFT」・「ご奉納NFT」、メタバース上に『バーチャル高天原』をリリース

古事記や日本神話を元に、音楽やボイスドラマ、舞台などを制作している古事記project株式会社(東京都杉並区、代表取締役:村上良之)は、検見川神社(千葉県)神主の宍倉直武及びネクスパート法律事務所代表弁護士の佐藤塁と共同で、NFT・メタバースを活用して日本の神話・神社文化を国内及び世界に発信していく「JPN Myth&Jinja Project(仮)」を開始します。

【概要】
近年、「神社巡り」「御朱印帳集め」「神話」等への関心が強まっており、世界に誇れる日本の文化や、歴史、神話などを改めて見直す動きが強まっています。

我々は日本の文化、歴史、神話、そして日本の歴史を色濃く伝える文化財である神社を、実際の神主が主導者として、国内外に広く発信します。

また、コロナ禍の参拝減少などにより、収益が激減している神社に、NFT・メタバースによる新たな収益源を作り、神社運営を安定させることで、後世に文化を残していきます。

そのために、日本の神様をモチーフにしたNFTの発行、現実の神社によるお守りNFTやご奉納NFTの発行、そして、その集大成として、メタバース領域における『バーチャル高天原(たかまがはら)』を構想しました。

高天原というのは古事記や神話に登場する、最高神・天照大御神が治める「天の国」のことです。

古来、地域のコミュニティースペースでもあった神社。この神社のように、ユーザーが気軽に集まりコミュニケーションをとる場所として、メタバース上に日本の神話や文化に特化したエンターテイメントコミュニティースペース『バーチャル高天原』を創出します。

つまり、バーチャル高天原の創出という新たな「国産み」を起こします。
※古事記において伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと)が中つ国(日本)を作ったときの神話を「国産み」と言います。

【ロードマップ】
①    古事記に登場する日本の神様をモチーフにしたJPN GOD NFTを発行
※デザイン案は以下の「巻物NFT」ですが、購入者特典としてSNSで利用可能なアイコン用NFTも準備予定です。

②    神話DAO(名称仮)の発足。

③    八百万の神々や神具をモチーフにしたジェネラティブNFTを発行。

④    JPN GOD NFT・ジェネラティブNFTの漫画化、アニメ化

⑤    検見川神社をモデルケースに「お守りNFT」、「ご奉納NFT」、「御朱印NFT」を発行。それらの取り組みを全国の神社に波及させていきます。

「お守りNFT」は、1年で自動お焚き上げがされ、別のNFTに変化するなど、NFTならではの機能を搭載予定です。

「ご奉納NFT」は、NFTの鳥居・灯篭などを購入すると、現実の神社に購入者の氏名等が記載された鳥居・灯篭が設置されることを予定しています。単にデータ上でNFTを保有するにとどまらず、現実の神社とも深い関わりを持つことで実際に神社を訪れる楽しみをも生み出します。

⑥    バーチャル高天原の制作・公開
バーチャル高天原での運営はDAOを中心に行い、以下のことができるようにします。
・アニメ、漫画などのエンタメを通じて、日本の文化、歴史を楽しく学び知る

・神主が運営するバーチャル神社参拝、バーチャルご祈祷

・バーチャル神社夏祭り

・NFT、メタバースを利用した新しい収益源の創出

【注意事項】
 ※ 神様の表記については、諸説ありますが、本プロジェクトでは古事記に準拠した記載としております。

※ 本プレスリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

※ 私たちは、このプロジェクトを一緒に作り上げる仲間を募集しています!
今後の情報発信は、下記Twitterからいたします。
@JpnMythJinja

【古事記project株式会社】
古事記や日本神話を元にこれまで6作品のボイスドラマ、11作のミュージックビデオなどを制作してきている。
昨年は、文化庁のARTS for the future!(コロナ禍を乗り越えるための文化芸術活動の充実支援事業)に採択され、ヤマタノオロチ神話をモチーフに「朗読×音楽×アクロバット」で魅せるエンターテイメント朗読劇を開催。主演にワンピースのロロノア・ゾロ役で有名な中井和哉やソードアート・オンラインユイ役などで名を馳せる伊藤かな恵。また、元AKB48の河西智美や、舞台刀剣乱舞などで活躍する熊谷魁人等が参加し業界内外の好評を博した。
https://kojiki-project.com/

【検見川神社】
千葉市花見川区にある歴史と伝統のある神社。御創祀は、およそ1200年前平安時代前期第56代清和天皇の御代にまで遡る。ご祭神は伊弉冉尊(いざなみのみこと)素盞嗚尊 (すさのおのみこと)宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)。三柱の神の鎮まります社を「神祇三社検見川神社」と尊称し、今日に至っている。
https://www.kemigawa-jinja.com/

【ネクスパート法律事務所】
弁護士32名、全国10拠点。一般民事案件を中心に、ブロックチェーン・メタバース・NFTにかかわる法務にも力を入れている。代表弁護士佐藤塁は、AIを活用した司法手続き支援サービスを開発するLegal AI株式会社の代表取締役も務める。
https://nexpert-law.com/