company会社概要

ご挨拶

「クリエイティブを通して、日本文化を世界に」

私たち、古事記project株式会社は、音楽、ミュージックビデオ、ボイスドラマ、ラジオ番組、イラスト、マンガ、デザイン、アニメーション、ゲームコンテンツ等、サブカルチャーに特化したコンテンツプロデュース・制作会社です。

メインの事業としては、クライアントのご依頼による各種エンターテイメントコンテンツの作成。
社名にもなっている「古事記project」の企画・運営・制作になります。 また、エンターテイメントコンテンツの専門家として、日本を代表する神話を取り扱う私たちだからこそ出来る社会貢献をクリエイトすると共に、積極的にSDGs(持続可能な開発目標)にも取り組んでいきます。

私たちの作るクリエイティブなコンテンツを通して、大好きな日本の文化を世界へ発信!世の中を明るく楽しくして行きたい。
そんな想いを持った会社です。

古事記projectの
SDGsへの取り組み

ビジョン

クリエイターとともに成長を

地域やお客様に寄り添った、多種多様なコンテンツ制作においてクリエイターは必要不可欠な存在です。そして、関わる人全員が密なコミュニケーションと妥協することなく仕事に携わる事が必要となります。
それらの積み重ねこそがコンテンツの地盤を固めることになります。 私たちは、常にプロジェクト達成に向けて筋道を立て、業務を遂行、また常にお客様に求められている一歩上のクオリティーを目指して、関わる人全員の糧となる企画・制作集団を目指して行きます。

古事記の世界の導入口になる為に

社名にもなっているメイン事業の「古事記project」。
私たちは「古事記」を元にしたエンターテイメントコンテンツを制作・発信しています。

日本を代表する神話であり、日本最古の歴史書である「古事記」。
「黄泉の国」「天の岩戸」「八岐大蛇」「因幡の白兎」「草薙の剣」「アマテラス」「スサノオ」「ヤマトタケル」…
内容は知らなくとも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

その内容を深く読み解くと、「教訓」や「考え方」「生活」等、日本人として知っておくべき、大切にするべき「和の精神」「日本人としてのアイデンティティ」多数記されています。

そんな古事記ですが、実際に「古事記」という書物を手にとって読んだ方は少ないと思います。もしかすると、読んでみたものの難解で数ページで諦めてしまったという方もいるかもしれません。

私たち「古事記project」の使命は、そんな難解な古事記を分かりやすいエンターテイメントコンテンツとして、現代へ伝えていくことだと考えます。 私たちのコンテンツが導入口となり、古事記は勿論、古事記を通して「和の精神」「日本人としてのアイデンティティ」を見つめ直し、素敵な日本の文化を世界に発信するきっかけ作りをして行きます。

地域の為に

年々、世界中からの日本文化の注目度が高まる中、古事記や神話等、日本独自のアイデンティティが多く詰まったコンテンツを作る団体として出来る事。
私たちが扱うコンテンツと神社は密接な関係にあり、神社と地域と言うのも非常に密接な関係にあります。
日本の文化や、地域の歴史を色濃く残す文化財として、地域の観光資源として。 地域に寄り添い、私たちにしか出来ない社会貢献を目指して行きます。

バリュー

想像と創造
(イマジネーション&クリエイティブ)

想像と創造を繰り返し、妥協の無いコンテンツ作りを。

常に見てくれる人を意識して

見てくれる人がいてのコンテンツ。
誰に見せるのかを常に意識して。

全員主役

少数精鋭、脇役は必要ない。
全員が会社の中心として活躍しよう。

会社名 古事記project株式会社
所在地 〒166-0014 東京都杉並区松ノ木2-19-26-B1
代表者 村上良之
資本金 100万円
設立 2019年(平成31年)1月
事業内容 音声作品・音楽作品・映像作品・イラスト・漫画・冊子・イベントなどの企画・制作、制作物の販売及び著作物の管理
取引銀行 西武信用金庫